FC2ブログ

さらば、ジュリエッタ

ジュリエッタが5年目の車検になるので手放すことに。
ちょうど5万キロに到達、年1万キロペース。

ここでジュリエッタの総括
【気に入っている点】
・サイドからのシルエットと、ボリューミーなリアデザイン。
・ターボエンジンで結構速い。
 1750ccの排気量からたたき出す235psのエンジンは爽快そのもの。
 新東名で煽られても、大抵の国産車はぶっちぎることが出来る。(法定速度内で)
・意外と運転しやすい
 まさに人馬一体というのだろうか、最小回転半径5.5mとアルファロメオにしてみれば小回りが効く方だし、
 今まで乗っていたアルファの中でとても扱いやすかった。
 (ちなみにライバルのゴルフは5.2mと素晴らしい)
・そこそこ良い燃費
 以前乗っていた156GTAは街乗り6.5~7.0km/Lだったが、ジュリエッタは街乗りで8.0~8.5km/Lは行くし、
 高速のみならトルクのアップするダイナミックモードでも13km/Lまで伸びる。

【不満な点】
・フロントのデザイン
 ジュリエッタの不満はこれに尽きる。今もあまりなじめないフロント周りで、特にライトが縦長なのは気に入らない。
 アルファロメオはエンジンとデザインで選ぶ車。その一つが足りなかったのは非常にもったいない。
 社外のフロントスポイラーを付けてなんとか良くなったけど、ノーマルの腰高感はいただけない。
 昔はよくアルファの事を「エンジンを買ったら車が付いてきた」と言われたものだが、
 デザインはとても大事。156、166のようにもっと艶かしいクセがないとダメ。
・ダッシュボード付近からのビビリ音
 やはり組み付け精度はイタリアン。
 いろいろと隙間に詰め物したり、固定したりと試してみたが、結局は解消されずに最後まで悩まされた。
・ベタベタ
 以前にもこのブログで書いたが、最終的にはホーンの部分のベタベタがかなり進行し、触りたくない状態に。
 そして今度はハザードランプのスイッチまでベトベトに…

【不満でないが、故障した履歴】
・パワーウインドウの不調
 窓を上げ下げすると今にも壊れそうな異音が…そしてアクチュエーター交換。
 買って1年ほどで運転席、助手席とも交換。(5年延長保証で無償交換)
・バッテリーの突然死
 会社の敷地内で一時停止したと同時に動かなくなり、みんなで駐車場まで押してもらった。
・給油口の蓋が取れる
 これも5年保障にて無償交換
・冷却水の液漏れ
 まあ急激に減るわけではないので、定期的に補給してやれば問題なし。
・ボンネットの傾き
 ボンネットを支えるゴムのステーが取れてしまって、片方のボンネットが落ちた状態に。
 これも保証内で対処。というか、ディーラの展示車からその場で移植して直してもらった。

横からのスタイルが好き(アイバッハのサスで20mmローダウンさせている)
IMG_0187.jpg

斜め後ろからもGood
IMG_1083-1.jpg

縦長ライトはあまり好きくない
IMG_0276-2.jpg

伝統の4つ葉クローバーリーフ
IMG_1053.jpg
この初期型のクアドリフォリオのみ、今となっては貴重な6速MT仕様。
その後、全車ALFA TCT(6速デュアルクラッチ)になってしまう。
さらに今年のマイナーチェンジでクアドリフォリオの名称も、そしてクローバーのエンブレムも消滅。

まあ、いろいろとあった5年間、ジュリエッタの評価は70点ぐらいかな。
ちなみにボク的には156GTAは100点、147が80点と言ったところ。

次の車も高評価が付けられることに期待している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

K.O

Author:K.O
アルファロメオ歴15年(147⇒156GTA⇒ジュリエッタQV⇒ジュリアクアドリフォリオ)

忌野清志郎を愛する、
心は少年の40代です。
愛しあってるかい?

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる